広島県 福山市 府中市 外壁塗装、防水塗装、雨漏り修理は有限会社マツシタへ
〒729-3104 広島県福山市新市町宮内 230 広島県知事許可(般 -27)第 11394 号

塗装一級技能士による確かな技術で
あなたのお住まいを長く美しく守ります

無料シュミレーション・見積り・無料相談で
満足のいく施工をお約束します

先代から地元で塗装一筋50年確かな技術と豊かな経験で
お客様のご要望にお応えします

断熱工事
断熱工事も経験豊富

発泡ウレタン吹付工法とは

発泡ウレタンスプレー工法はウレタン原液を専用機械を用いて施工対象物にスプレーする工法です。2液(A液/B液)が化学反応することで断熱材を形成。硬質ウレタンフォームの優れた特性にスプレー工法の特性がプラス。従来のグラスウール、ポリスチレンフォームに比較して優れた特徴を備えています。

優れた特性

1.優れた耐熱機能

発泡ウレタンは独立した気泡によって構成され、気泡中に熱伝導率の極めて低いガスが含まれているため、厚みを薄くでき、容積率も大きくできます。

2.現場発泡が可能

スプレーによる現場発泡なので継ぎ目のない断熱層が形成でき優れた断熱効果を発揮します。機密性に富み、冷熱リークが防止できます。

3.施工期間の短縮が可

塩発泡ウレタンスプレー工法は現場スプレー式ですので、対象物に吹き付けるだけでよく、 施工期間が短くてすみます。

4.自己密着性

発泡すると同時に強力な接着力を発揮するため、駆体面と断熱層との間に隙間が生じたり、 断熱層が脱落する危険がありません。

5.給水、吸湿が小さい

発泡ウレタンは独立気泡構造ですので水や水蒸気が侵入しにくく、表面は気密性の表皮が形成されるため、給水、吸湿はさらに高くなります。

6.軽量で高い強度

発泡ウレタンは軽量でありながら、機械的強度が大きく、相当程度の荷重に耐えられます。

7.優れた耐熱性

発泡ウレタンは熱硬化性樹脂のため、一般的には-70°C~100°Cの温度範囲で使用できま す。

8.優れた耐薬品性

強酸及び一部の溶剤を除いて、常温ではほとんど侵されることはありません。

施工の流れ

発泡ウレタン吹付工事の施工は専門知識を持った認定施工店が施工いたします。 発泡ウレタン吹付工事は水発泡のノンフロン低密度硬質ウレタンフォームです。2液(A液/B液)が化学反応することで断熱材を形成。
専門業者による材工工事となり、断熱・気密工事が短期間で可能(約2日)。液状で塗布する為、わずかな隙間にも入り込み、気密性が向上。素材に接着性がある為、気密施工が不要。(断熱/気密同時施工)※開口部廻りなどは別途気密施工が必要。

断熱工事

トラックに原料(A液/B液)、発泡機及び付帯設備(発電機他)が積載されており、そこからホース(約60m)を現場に引き込み施工します。

断熱工事

トラックから引き込まれたホースの先端にスプレーガンが接着されており、そのガンにより 原料(A液/B液の混合液)を液状で施工面に吹き付けます。

断熱工事

わずか1,2秒で化学反応により断熱材が形成されます。

断熱工事

よくある質問

Q.発泡ウレタンと他の断熱材と何が違うの?

A. 発泡ウレタン吹付工事は、現場で吹付け施工するノンフロンの硬質ウレタンフォームで、 対象物に吹き付けられると瞬時に反応を開始して数秒で約100倍に発泡し、隙間をキッチリ 塞ぐと同時に構造材に接着をする今までにない断熱材です。グラスウールなど従来の断熱材と違い、施工部分にあわせてカットしてはめ込むだけではないので、細かい部分の隙間が出来ません。このため、断熱だけでなく機密性にも優れています。

Q.高断熱、高気密というと結露が心配ですが?

A. 壁に隙間が出来ると壁体内結露が発生しやすくなります。発泡ウレタン吹付工事は現場 吹き付けの発泡ウレタンフォームですので隙間のない施工が可能です。また、断熱材外側に 空気層を設置することで湿気を外部に逃がし結露を防止します。

Q.有害物質を含んでいませんか?

A. 発泡ウレタン吹付工事はシックハウスの原因とされるホルムアルデヒドは含まれておりません。また、厚生労働省のガイドラインに定められたVOC(揮発性有機化学物質)も検出されておりません。また結露を防止することでアレルギーの最大の原因とされるダニ・カビの発生を未然に防ぎます。

Q.施工した後、何か出てきませんか?臭いは?

A. 施工時の原料(液状)に臭いはあります。ただし、化学反応によりウレタンフォームが形成されますと、形成されたウレタンフォーム自体に臭いはなく通常2~3日で臭いはなくなります。形成されたウレタンフォームの中には空気しか残存しませんので臭いもありません。

Q.発泡ウレタン吹付工事は断熱・気密効果以外にもメリットはあるの?

A. フォームライトSLは連続気泡構造のため、一般の硬質ウレタンフォームにはない吸音性を持っています。また、床材と接着させることで重量床衝撃音対策にも効果を発揮します(特許工法)

Q.火事はおこれば燃えるのが心配ですが?

A. 発泡ウレタン吹付工事は難熱処理をしている為、フォーム自身が燃え続ける事はありません。また、防火構造認定も取得しており木造住宅に使用してもなんら問題はありません。 また、燃焼時の発生ガスについてもマウスを使った国土交通省告示のガス有害性試験に合格するレベルにあります。

Q.季節変動による柱などの伸縮で断熱材と木部の隙間は発生しませんか?

A. 発泡ウレタン吹付工事の優れた密着性と柔軟性は、湿気や温度による木材の伸縮にも対応します。長期にわたって剥がれたり隙間ができたりすることはありません。

施工写真

施工前

施工後

施工前

施工後

施工前

施工後

施工前

施工後

施工前

施工後